忍者ブログ
[]  2017/03/31/03:24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[Webサイト]  2009/03/30/18:05
間食やめて、塩分糖分控え目、質素な食事を心がけたら
一週間で1kg痩せることができたrayです、こんにちは♪
道連れにされた夫(自覚なし)は2kg痩せちゃいました、すみまそ。ヽ(´ー`)ノ



昨年8月にリリースされた、リクルートの『C-TEAM』っていうバナー広告制作サイト。
これが、なかなか目の付けどころが良い。
クライアントのバナー広告を、ユーザー(クリエイター)に作ってもらっちゃえっていう素敵なサービス。



クライアントは、案件の詳細とバナーに使ってもよい素材を提供し、
ユーザーがバナーを作ってくれるのを待つ。
応募があれば、そのバナーの審査(掲載可否)を行う。
そして、承認したバナーを出稿先のメディアに掲載。
もっとも効果(CTR)の高いバナーの露出が上がり、高い広告効果を得ることができる。

一方、ユーザー(クリエイター)は、作ったバナーが、実際に採用されると、バナー1つにつき500円分のポイントがもらえる。さらに、広告の掲載が始まると、C-TEAM内に、自分が作ったバナーの表示回数やクリック数が表示され、広告効果がランキングとして発表される。
そして、見事1位をとったバナー制作者には5万円、2位には2万円、3~5位には1万円分のボーナスポイントがもらえるという仕組み。


クライアントは、多大なお金を出して広告を出稿するからには、
最大限の広告効果を求めているわけで。
1つや2つ、効果がでるかもわからないバナー広告を、10万円出して外注して露出するよりは、その倍額出してでも、たくさんのバナー広告を作ってもらって、それをぜ~んぶ試しにのっけて、露出を調整しながら最終的に一番効果の高いバナーの露出を増やしていくほうが、結果的にコストパフォーマンスが良くなる、というのは最もだと思う。

このサービスは、ユーザー(クリエイター)が簡単かつ気軽にバナー(作品)をアップできる仕組みと、ランキングやボーナスポイントとといった、高い制作意欲を維持する仕掛けがある。
そして、広告のシステム側には、効果が落ちてきたバナーを最適のタイミングで入れ替えるロジックが搭載されていて、広告クライアントとユーザーの両方にハッピーなサービスだなっていう印象。

個人的には、若手のデザイナーや広告クリエイターの育成に一役買ってくれるんじゃないかなって思う。
クライアントの意図や要件に沿ったクリエイティブ(デザイン、コピーなど)を作る勉強になるのはもちろんのこと、自分の制作物のパフォーマンスが目に見えることで、課題や次の目標を見出すことができる。
投稿されている制作物をみると、高い効果を上げているバナーはレベルが高いものばかり。
バナー広告のクリエイティブ力をアップしたい人には、うってつけの鍛錬の場になるんじゃないかな。
PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
<< 地域広報誌閲覧のススメ リサイクル着物ショップ>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL


FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.