忍者ブログ
[]  2017/02/28/00:44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[Webサイト]  2009/04/01/18:45
サイバーエージェントの藤田社長に甘噛みしてみる。



ブログサーフィンをしていたら、こんな記事をみかけたの。
そこで、目を引いたのが、

インターネットメディアを成功させるのは、

気合と執念と意地とプライドだ!」

・・・なんていうか、衝撃的。個人的にツボりました。
文面だけ見てしまうと、なんだか浅はかな印象を受けてしまいますが、
この行間には、たくさんのプロセスや経験が詰め込まれているんだな~と。

「気合と執念と意地とプライド」が、成功をもたらすのは、
なにもインターネットメディアに限ったことじゃないわけで。
どんな事業や研究、創作活動、芸能活動、スポーツだって、
輝くためには「気合と執念と意地とプライド」はとても大切で。
成功に挑戦するすべての人が持つ姿勢として、前提だと思う。


じゃあ、『インターネットメディアを成功させるのは何か?』と
私が聞かれたらどう答えるかな。
取り組む人の姿勢や心意気じゃないところ、
メディアの特性の部分で答えるとしたら。

独自性と唯一性と中毒性。

かな。
そのメディアが、ユーザーが求めることにとって唯一の存在であり、
生活になくてはならない身近な存在になること。
それを考えたり、作ったり、広げていくことに、
気合いや執念やなんちゃらが必要ってことになるんじゃないかな、かな。



『インターネットメディアを成功させるのは何か?』
って聞かれたら、みんなはどう答えるのだろう。

もちろん、答えは一つじゃないし、正解もないし、時代の流れに応じて変わっていくものだから、
視点を変えながら気軽に答えてもらえばいいんだけど。
それを考え、口にすることは、
自分がWebサイトやメディアを制作する上で、何を最も大切にしているかっていうことを表現することだから、ぜひ聞いてみたいな。
PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
[Webサイト]  2009/03/30/18:05
間食やめて、塩分糖分控え目、質素な食事を心がけたら
一週間で1kg痩せることができたrayです、こんにちは♪
道連れにされた夫(自覚なし)は2kg痩せちゃいました、すみまそ。ヽ(´ー`)ノ



昨年8月にリリースされた、リクルートの『C-TEAM』っていうバナー広告制作サイト。
これが、なかなか目の付けどころが良い。
クライアントのバナー広告を、ユーザー(クリエイター)に作ってもらっちゃえっていう素敵なサービス。



クライアントは、案件の詳細とバナーに使ってもよい素材を提供し、
ユーザーがバナーを作ってくれるのを待つ。
応募があれば、そのバナーの審査(掲載可否)を行う。
そして、承認したバナーを出稿先のメディアに掲載。
もっとも効果(CTR)の高いバナーの露出が上がり、高い広告効果を得ることができる。

一方、ユーザー(クリエイター)は、作ったバナーが、実際に採用されると、バナー1つにつき500円分のポイントがもらえる。さらに、広告の掲載が始まると、C-TEAM内に、自分が作ったバナーの表示回数やクリック数が表示され、広告効果がランキングとして発表される。
そして、見事1位をとったバナー制作者には5万円、2位には2万円、3~5位には1万円分のボーナスポイントがもらえるという仕組み。


クライアントは、多大なお金を出して広告を出稿するからには、
最大限の広告効果を求めているわけで。
1つや2つ、効果がでるかもわからないバナー広告を、10万円出して外注して露出するよりは、その倍額出してでも、たくさんのバナー広告を作ってもらって、それをぜ~んぶ試しにのっけて、露出を調整しながら最終的に一番効果の高いバナーの露出を増やしていくほうが、結果的にコストパフォーマンスが良くなる、というのは最もだと思う。

このサービスは、ユーザー(クリエイター)が簡単かつ気軽にバナー(作品)をアップできる仕組みと、ランキングやボーナスポイントとといった、高い制作意欲を維持する仕掛けがある。
そして、広告のシステム側には、効果が落ちてきたバナーを最適のタイミングで入れ替えるロジックが搭載されていて、広告クライアントとユーザーの両方にハッピーなサービスだなっていう印象。

個人的には、若手のデザイナーや広告クリエイターの育成に一役買ってくれるんじゃないかなって思う。
クライアントの意図や要件に沿ったクリエイティブ(デザイン、コピーなど)を作る勉強になるのはもちろんのこと、自分の制作物のパフォーマンスが目に見えることで、課題や次の目標を見出すことができる。
投稿されている制作物をみると、高い効果を上げているバナーはレベルが高いものばかり。
バナー広告のクリエイティブ力をアップしたい人には、うってつけの鍛錬の場になるんじゃないかな。
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
[Webサイト]  2009/03/04/21:04
最近、物々交換サイトが流行ってるんですって!

ちょいと昔に、会社の女性プログラマーと、物々交換サイトを作りたいよね~、
なんて話をしていたことがあって。
その頃は、まともなサイトが少なく、どこも胡散臭くて流行っている様子もなく。(笑)
一緒に想像をふくらましていく中で、オークションサービスでネックになっていることと
同様な壁にぶち当たり、システムを作るのは簡単だけど、運営が大変だな~トホホ・・・
となったことを思い出しました。(*´σー`)



今、注目されているのが、子供服の交換サイト、「ママ・マーケット」。
http://www.mamamarket.jp/top.php



不要になった手持ちの子供服を、『ママ・マーケット』に送ると、
検品された後、服の状態に応じてポイントがもらえる。
で、そのポイントを使って、『ママ・マーケット』内に出品されている服と自由に交換できるっていう仕組みらしい。

一般的な物々交換サイトでは、自分のモノと誰かのモノを、交渉して交換する、
みたいな形が多かったと思うんだけど。
このサイトでは、不要なモノを、一旦『ママ・マーケット』が預かって(買い取って?)くれる上、
ポイントを使うことで、交渉なしで気軽に交換できちゃうところが、すごくお手軽で素晴らしいっ!
買った物を無駄にすることなく、エコだよねぇ~。

いろいろ課題も多いかと思うけど、服だけじゃなく、ぜひ、ベビーカーとかベビーベッドとか、大物にも幅を広げていってくれると嬉しいな★
私はまだ交換できるものがないので、利用できないけど、
ぜひ使ってみたいサービスのひとつです。(≡ ̄ p  ̄≡)
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
| HOME |

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.