忍者ブログ
[]  2017/04/26/01:29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[結婚式]  2009/01/27/19:44

1月25日(日)大安吉日。
シェラトン・ラグーナホワイトアロウチャペルにて、結婚式を行いました。

090127-2.jpg

身内だけでこじまんまりと・・・
と考えていたので、参列してくれた、かけがえのない家族と友人たちには、
本当に、感謝しています。
また、日本から見守ってくれたみなさま、ほんとにありがとう。

真っ青な空と海に囲まれて、
真っ白なウェディングドレスに身を包んで、
こんな少女漫画みたいな結婚式を挙げられるなんて夢にも考えたことなかったから、
もう、ほんとに、なんていうか、言葉にできない。。。

生涯のパートナーとなる夫(自覚なし)には、一生分の夢を叶えてもらった気がします。
プロポーズの言葉も、誓いのキスもなかった(!)けど、
自分たちらしい家族としてのスタートを迎えられたんじゃないかな、と思います。



挙式の流れは、こんな感じ。

★序章
新郎と牧師さんが入場

リングボーイ(天使の子)が結婚指輪を牧師さんに運ぶ

★入場
新婦と新婦の父が、バージンロードを行進。

★新婦引き渡し
新婦を父から新郎へ引き渡す。

★牧師先生のご挨拶と結婚の意義のお話
もちろん、英語。
簡単な英語なので、耳にすんなりと入ってきます。
ワールドに入っちゃうと、泣けてくる・・・・

★お祈り
神の恵みと挙式の承認を願うお祈りです。
頭を下げ、目を閉じて聞きます。
賛美歌が最高潮に達し、まさに感激の渦。

★結婚の質問
牧師先生の問いに対し、返答する。
Are you ready now to・・・・? (準備はできていますか?)

Yes we are.

※↑ここで、「Yes we can」と答えたい衝動に駆られたけど、取りやめに^^;


★結婚の誓い
牧師先生の後に続いて、新郎→新婦の順番で一人ずつ誓います。

私は神の御前にて/(相手の名前)を私の妻(夫)とします/
将来何がおころうとも/私はいつも/あなたを愛し続け/
二人で生きていく間/
いつもあなたと/一緒にいることを誓います。

爆。
これは結構、拷問に近いです・・・(笑)
愛し続け、、、とかほんとにね。泣きそう。
笑いをこらえるので精一杯でした^^

★指輪の交換
お互いの左手薬指に指輪をはめます。

結婚の約束に/忠実であることの/しるしとします/Amen

※予想通り、スムーズに奥に入れることができなかった!
慣れない感じが、なんかいいです。

★キャンドルセレモニー
キャンドルが3本たっていて、牧師先生が左右のキャンドルに火をともします。
牧師先生のキャンドルのお話の後、中央のキャンドルに点火します。

→中央のキャンドルが、2人の結婚を意味するそうです。
 ※左右のキャンドルはそれぞれの家族を意味する。

★結婚宣言
牧師先生が、神の名において、2人の結婚成立を宣言します。

★KISS
牧師先生の「You may kiss your Bride」の言葉の後、私の顔の前のベールをあげて祝いのKISS・・・・
の予定が、事前にパートナーから断固拒否され、省略することに・・・(涙)

★結婚証明書に署名
祭壇の上の証明書に署名をします。

★夫婦誕生の紹介
牧師先生より、新しく誕生した夫婦を参列者に紹介します。

★退場
新郎新婦、腕を組んで退場。


セレモニー内容はこんな感じでした^^
恥ずかしいやら嬉しいやら緊張するやら、不思議な気分でした。


家に帰ってから、無残にテレビの下に置き捨てられた結婚指輪を見ても、
めげずについていこうと思います。

それでは、また!

PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
<< 結婚式 メイキング Part1:会社選び グアム旅行>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL


FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.