忍者ブログ
[]  2017/04/26/01:26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[学び]  2009/03/04/12:07
昨日、夫(自覚なし)が帰宅して、第一声。

自覚がなくてスミマセンネェ(`ε´)ノ

よ、読まれてる・・・(;´Д`A ```.



さて、着付けの経過について。
今、帯結び(お太鼓結び)の特訓をしています。
使っている帯は、名古屋帯。

名古屋帯は、後ろの飾りとなる部分(たれ)は
普通の帯幅で、腰に巻く部分(て)は半幅にして
芯を入れて仕立てられている帯です。
外出用から街着用まで幅広く使われます。

『みはま姿』っていう、簡単帯結びグッツを使って、
だんだん様になってきました♪

だけど、帯を後ろで結ぶのが思った以上に大変!
背中に手が意外とまわらないっ!
二の腕はつりそうだし、指は動かないし、自分の身体の固さを痛感しました・・・
昔の人は、こんな大変な思いをして、帯を結んでいたのかと思うと尊敬してしまいます。
帯結びにはいろいろな形があるけれど、大変な思いをしてまでオシャレ(美)にこだわるのは、
今も昔もかわらない女性の姿なんですね。

名古屋帯には、全通し柄、六通柄、お太鼓柄の3種類があります。
それぞれの帯で、「みはま姿」を使った結び方をマスターしたあと、
次は手結びの実習に入ります。
簡単グッツを使っても手こずっているのに、
完全手結びがこれから始まるなんて・・・(-д-;)
家での練習は欠かせません。。
着付けって、実は全身運動で、思ったより体力が必要。

でも、もうすぐ暖かくなるから、
着物で自信を持って出かけられるように、頑張ります★
PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
<< ママ・マーケット ママ茶会 2009.3.2>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL


FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.