忍者ブログ
[]  2017/06/24/05:33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[学び]  2009/02/11/18:01
2日目の母親学級では、歯の衛生と食事の栄養について学びました。



生まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯菌はいないっ!
だから、虫歯にならないよう、食事や生活に気をつけてあげなければいけません。
ママやパパが、赤ちゃんと同じスプーンを使うことなどで虫歯菌が入っちゃうおそれがあるから、
お世話するなら、自分の虫歯は、赤ちゃんが生まれるまでに治しておかなきゃダメー。

赤ちゃんの歯の治療には、いろいろ制約があって、治療が非常に困難なのだそう。
歯の治療は、4歳以上にならないと難しいんだって!

聞きました?奥さんっヾ(¬。¬ )
ごく初期の虫歯なら、塗り薬で対応できるそうなんですが、
大人だって怖~い歯医者の治療を、赤ちゃんがしなきゃいけなくなったら、可哀そうっ。。。(ノ_・。)
 だから、正しい虫歯の予防法やブラッシングを身につけなきゃーなんです。。

母親学級では、小学生の頃にやった記憶のある、
食紅を歯に塗りたくって、赤くなったところを落とす・・・っていうアレをやりました。
習ったハズなのに、ちっとも身についていないもんですね~(´・ω・`)
歯の付け根と歯茎の境のところは、見事にまっ赤っ赤でした・・・
私、毎回食紅つけて歯磨きしたほうが、いいかもしれない・・・><

赤ちゃんには、あんまり虫歯予防を押しつけて、
甘いものを食べさせてあげないとか、何でもかんでも食べた後に歯磨きさせると、
(性格的に)後から恨まれそうだから、食べる回数を気をつけてあげるのと、
ちゃんと汚れを落としてあげるとか、ママの方でなるべく気をつけたいな、と思いました。



つい最近(妊娠前)までの自分の食生活を振り返ると、
一日一食しか食事をとらなかったり、コンビニ弁当や外食が多かったり、お酒ばっかり飲んでたり、
まともに料理を作って食べるのは土日だけだったり・・・
いつからこうなってしまったのか忘れたよ、ってほどひどいものでした。。(〃≧艸≦〃)

でも、妊娠してからは、生活に関するすべての注意がお腹の中に向いて、
栄養のあるものをよく食べてよく寝る、ストレスを与えない、無理しない生活にガツンと切り替わりました。

なんで自分の為にはできないのに、大切な誰かの為なら何でもできちゃうんだろうねー
人間って不思議。 
だから、大切な誰かがいるってこと(そう思うこと)は、
自分が成長するためにも必要なことなんだよ。

で、学級では、主食、副菜、主菜、乳製品、果物をこの割合でバランスよく・・・
みたいなことを学んだわけですが、
そんなことをいちいち実践していたら、献立を考えるだけで日が暮れる~ので、
不足しがちな副菜を積極的に取り入れる・・・ことだけを頭において
いつもどおりやればいいやーってだけ、思いました。(*・∇・)b

※納豆、豆腐、卵が主菜に分類されるのは意外でした。
納豆に卵かけて、小鉢に冷奴だしたら、それだけで主菜3つと数えられるのね・・・
そもそも、冷奴っておかず???私の中では感覚的には口直しなんだけど(-”-;)
PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
<< 梅まつり 結婚式 メイキング Part4:サプライズ>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL


FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.