忍者ブログ
[]  2017/06/24/02:27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[学び]  2009/02/19/14:51
昨日は、くらしに関わる税金について学ぼうと、「ライフプラン学習会」に参加してきました。

学校では税金や保険についてなんて、詳しく教えてくれなかったし、
社会人になってからも、会社がやってくれることに甘んじて、
さして心配も興味もなかったの。

だけど、今の私は専業主婦。夫(自覚なし)は孤高の自由業。

「あら。私って、誰からも保障されてないじゃな~い。
しかも、自分のことは自分でやらなきゃいけないのね~」

と、思い立ったのです。
勉強することで、少しは、夫(自覚なし)のキャッシュフローを理解したり、
控除になる部分の助けをしたり、いろいろできるかな、なんて期待したのです。
税金を払っている以上、公的な制度はどんどん活用したいし、
社会と共生する一員として、納めるべき税金はきちんと納めたいって思うのです。



さて、学習会では、ファイナンシャルプランナーの先生が、テキストに沿って講義をしてくれました。

日本の歳入はこのくらいで~その内この部分が「税金」で~、この部分は「公債金」で~
国の借金は約547兆円で~、国民一人頭に換算すると約428万円で~
税金にはこういう種類があって~これだけお金を得るとこれだけ税金をとられて~

云々と説明が続き。
財源確保のため、今後、国民の負担が大きくなっていくことに対して、
いかにして個人が資産を無駄に国に持っていかれないようにするかを学びましょう、
みたいな趣旨となっていきました。(←個人的な主観ですが



だけど、様々な保障制度や社会事業、公共事業が税金から成り立っている以上、
できるだけ税金を払わないように工夫する、という試みは、できるだけ社会に協力しないようにする、というふうに感じられて、すごく違和感を覚えました。

税金を払うのが嫌なんじゃない。
払った税金が、本当に困っているひとや、然るべきところに使われるのではなく、
公人たちの、不当に高額な人件費や交通費、交際費とか
悪意のあるところに回ることがすごく嫌なの。
↑こういうところばっかりが(情報として)目立ってきているから、
「できるだけ税金なんか払いたくない」 なんて個人の認識が増えていって、
本当に困っている人たちがもっと困ってしまう、増えていってしまう事態になっているんじゃないかな、って悲しくなりました。

なので、税金対策の細かなテクニックはおいといて、
自分にとって必要な知識と情報だけもらっておこう、とおもいました。



この学習会は全5回。
次は、「社会保険と公的年金の基礎知識」です。
あーーまた悲しくなってしまいそう・・・><
PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
<< 妊婦の憂鬱 着付け経過<1>>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL


FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.