忍者ブログ
[]  2017/04/26/01:20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[結婚式]  2009/01/30/14:45
挙式準備の一番の楽しみといったら、なんといってもドレス選びですよね!
小さい頃から大人になっても、ショーウィンドウ越しに、見とれてたなぁー
縁がない、って見ないふりしてたこともあったっけ。

いざ!ドレスショップに入ってみると・・・
シャンデリアがたくさん飾られたラグジュアリーな雰囲気で、
ショップというより、サロンのよう。

初回訪問で、挙式予定日や会場、新郎新婦の名前を書いたりするので、
やっぱり、結婚がほぼ決まっていないと、入るには敷居が高い場所なのねー。

ひと組の客につき、約2時間の枠をとるので、予約は必須。
土日はすごく混雑するから、土日にフィッティングするなら、一か月前くらいから予約をしたほうがいいみたい。

店内にはずらーーっとドレスが並んでいて、
直接選んでも、ブランドを先に決めてカタログから選んでもOK。
私の場合は、ドレスをグアムに持っていくのは面倒だったから、現地にもあるドレスに限定し、
赤ちゃんの成長に合わせて、お腹周りの調整がきくドレスを希望したら、自然に絞り込まれました。

フィッティングすると、すごくインスピレーションが働いて、
あ!これだ!っていう運命のドレスに突きあたる。

最初は、大きいお花でフワフワで~・・・とか、
おとぎ話のお姫様みたいにイメージしていたんだけど、いざ、着てみると、
あ、Aラインは似合わないな。マーメードはバランスが悪い。
って、自分に対して現実的になってきて、ある瞬間、「あ、コレだわ」っていうドレスに出会える。
だから、もし、これからドレスを選ぶ方がいたら、是非、運命のドレスが見つかるまで探してみて。

で、せっかくいくつものドレスを試着するんだから、写真に残すのがベター。一つのドレスにつき、
①フロント(全身)
②サイド
③バックスタイル(全身)
④バストアップ
の4パターンを撮っておくといいです。




フロントと、サイドは全体的な印象を決めるときの参考になるし、
挙式の写真は、前向きや横向きの写真が多く残るからね^^

バックスタイルに気を使いたいのは、
挙式中の参列者は、おもに自分の後姿を見ているから。
できれば、自分も素敵でしょ、と思える後ろ姿を披露したいですからね(←

それと、バストアップを撮っておくと、
このドレスに合ったアクセサリーを検討するときに役立ちます。

ドレスがすごいゴージャスで、胸元にお花やリボンが飾られているなら、
アクセサリーはシンプルなほうがいいと思うし、
逆に、胸元がシンプルで何もないなら、アクセサリーにボリュームがあったほうがいい。

それと、やっぱり華やかなドレスなんてそう着る機会ないから、
ここぞとばかり、いっぱい着てみるのもアリだよね♪
披露宴をやる方は、カラードレスなんかも、いろいろなお色を試せて楽しそう★

フィッティングの時間は約2時間くらいで、がんばっても1回で着られるのは、3~4着です。
時間があるなら、思う存分楽しんでみてください。

それと、私みたいに、ドレスは決まったけど、どんどんお腹が大きくなって、
挙式当日ドレスが入るかわからーーーんっていうマタ子さんは、
式の直前~一週間前くらいまでフィッティングするのがおすすめです(笑)
ちなみに、私は挙式当日は25週目でした★


男性は、ポータブルゲームを持っていくことをお勧めします。
PR
コメント[ 0 ]  TB[ 0 ]
<< 虫歯撃退 セレブランチ>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL


FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]



Copyright © 2009 ray All Rights Reserved.